タミフルでインフルエンザの治療!効果を徹底解説

タミフルの通販サイトへ

タミフル

タミフルは、A型、B型のインフルエンザの治療や予防に効果を発揮するお抗インフルエンザ薬です。
予防投与として、常備薬として家に置いておく事ですぐに治療が開始できます。

こんな人にオススメ!
インフルエンザの予防もしたい
タミフルは、1日1回、7~10日間服用することで、インフルエンザの予防ができます。
飲み合わせを気にせずに早く治したい
タミフルには併用が禁忌とされる薬がないので、安心して治療できます。
小さい子どもにも飲ませたい
5歳未満の小児が飲めるインフルエンザ薬であることが、タミフル最大の利点です。
本日注文すると最短で1月28日(日)に届きます。

タミフルは、あんしん通販薬局で購入できます。
ボタンを押すと注文ページに移動します。

インフルエンザの治療薬タミフルが出来るまで

昔インフルエンザという病は発見されていなく、風邪が重篤化したものだと考えられていました。
ヨーロッパでは紀元前にインフルエンザの流行を思わせる記録が残っており、16世紀にはすでにインフルエンザという名前で呼ばれていたそうです。

「インフルエンザ」という名前の起源は14世紀ごろだと言われています。
イタリアのフィレンツェでインフルエンザが流行ったときに当時の人たちはその「ひどい風邪」にかかる原因は「寒気や星の影響」によるものだと考えていました。
なのでイタリア語の「influenza」、英語のinfluence(影響)にあたる言葉が語源になっているそうです。

インフルエンザが風邪ではないと認識されたのは1918年に大流行したスペイン風邪がきっかけだと言われています。
当時はまだインフルエンザウイルスが原因だと知られていませんでしたが、後の調査や解析により判明しています。

スペイン風邪は世界人口の30%が感染したといわれ、死者は4,000万人以上にもおよんだインフルエンザのパンデミック(大流行)です。
その後インフルエンザのパンデミックは1957年アジア風邪、1968年香港風邪、1977年ソ連風邪と 10年ごとにおきました。

インフルエンザウイルスの分析が可能になった事をきっかけに、治療薬タミフルの開発が始まりました。
1983年から1995年まで約12年間研究開発が行われ、1996年に初めて製造販売されました。
その後日本で認可がおり、一般的に使用され始めたのは2001年からです。

タミフルが効く仕組み

インフルエンザのウイルスは鼻やのどの粘膜に引っ付き、細胞内へ侵入・増殖します。
侵入後、一気に増殖したウイルスは「ノイラミニダーゼ」という酵素を使い細胞外に出ます。
細胞外に出たウイルスは再び他の細胞に侵入して増殖します。
このノイラミニダーゼの働きでウイルスは増殖を繰り返し全身に広がっていきます。

タミフルなどの抗インフルエンザ薬は「ノイラミニダーゼ阻害薬」に分類されます。
名前の通り、ウイルスが増殖後細胞外にでる手伝いをするノイラミニダーゼの働きを邪魔する事が可能です。
細胞内に閉じ込められたウイルスはそのまま外に出られず死んでいくことになります。

タミフルはウイルスを退治する薬や増殖そのものを抑える薬ではなく、増殖したウイルスをそれ以上広がらないようにする薬です。

タミフルが効くのは発症から48時間以内?

インフルエンザの症状

インフルエンザ発症は、さまざまな症状が目安になります。

  • 高熱
  • 関節痛・筋肉痛
  • 頭痛
  • 全身倦怠感
  • 食欲不振

感染してから1-2日後に発症し、その後現れる上記のような症状をまとめて「全身症状」といいます。
全身症状の中でも、高熱と関節痛・筋肉痛はインフルエンザの症状として他の病気と区別しやすいでしょう。

高熱

インフルエンザA型の場合は38-40度の高熱がでますが、B型の場合は37-38度程度の発熱で終ることもあります。
発熱は体内に侵入してきたウイルスを増殖させないようにする防御反応のひとつです。
平熱36-37度はウイルスが増殖しやすいですが、38-39度は増殖速度を緩めることが出来ます。

関節痛・筋肉痛

体内にウイルスが侵入するとウイルスを攻撃する免疫細胞が活発に働くと同時に「サイトカイン」とよばれる物質を作ります。
サイトカインが急激に分泌されることによってそれを抑える「プロスタグランジン」も発生します。
このプロスタグランジンが関節や筋肉に痛みを感じさせる原因とされています。

このように全身症状は体がウイルスと戦っている為おこります。
つまり症状が出たときにはウイルスの増殖が始まっているという事になります。

発症から48時間すぎても飲むべきなのか

体内に侵入したインフルエンザウイルスは非常に速いスピードで増殖します。
増殖を始めてから48時間を過ぎるとウイルスの増殖がある程度終わってしまっている為、タミフルの効果があまり期待できません。

時間は目安であって、どの段階を発症とするかや増殖スピードによって変わってくるので、48時間を過ぎていてもウイルスがまだ増殖している段階であれば薬の効果が期待できます。

薬での治療開始は早ければ早い方が効果が期待できますが、48時間すぎているからといって効果がゼロという訳ではないので様子をみながら使用するようにしましょう。

発症から70-80時間など、明らかに時間がたっている場合はタミフルの効果はあまり期待できません。
そういった場合は解熱剤を使用したり二次感染の予防をする必要があります。

ただし、インフルエンザの時に解熱剤を使用するとインフルエンザ脳症を起こす可能性もあるので必ず病院で診てもらってからにしましょう。

タミフル予防投与の効果

タミフルの期待される効果を予防に使う事が出来ます。
一般的にインフルエンザの予防はワクチンで行いますが、タミフルでも予防が可能です。

病院で処方してもらう場合、対象となるのはインフルエンザを発症している患者の同居家族である以下の方たちです。

  • 65歳以上の高齢者
  • 慢性呼吸器疾患、慢性心疾患患者
  • 代謝性疾患患者(糖尿病)
  • 腎機能障害患者。

予防投与は治療ではないので、健康保険は適用されません。
予防できる期間は薬を飲んでいる間だけですが、家族に感染者がいる時など感染のリスクが高いときに使用することで集中して予防することが可能になります。

病院で処方してもらう場合は診察料や調剤料を保険適応外で支払う為、どうしても高額になってしまいます。
個人輸入通販サイトなどを使い個人で使用する場合は病院で処方してもらうより安く購入することが出来ます。

タミフル75mgはこんな方におすすめ!

タミフル

あんしん通販薬局で取り扱うタミフルは開発元であるスイスのロシュ社のものです。
日本取り扱っているタミフルはロシュ社の傘下にいる中外製薬が製造販売を任されているので、あんしん通販薬局から購入するタミフルは病院で処方されるものと同じ効果が得られると考えていいでしょう。

こんな人にオススメ!
家に子どもや高齢者がいる、または接する事が多い
タミフルは、1日1回、7~10日間服用することで、インフルエンザの予防ができます。
安全なルートで安く買いたい。
安く買いたいけど、心配という方でもあんしん通販薬局ならきっちりサポートしてくれます。
ジェネリックはなんだか信用できない。
タミフルでインフルエンザを治したい、予防したい方にぴったり
いざというときの為にストックしておきたい。
病院で処方してもらう前に飲めるよう、タミフルを常備しておけます。

タミフルの通販サイトへ

タミフル

タミフルは、A型、B型のインフルエンザの治療や予防に効果を発揮するお抗インフルエンザ薬です。
予防投与として、常備薬として家に置いておく事ですぐに治療が開始できます。

こんな人にオススメ!
インフルエンザの予防もしたい
タミフルは、1日1回、7~10日間服用することで、インフルエンザの予防ができます。
飲み合わせを気にせずに早く治したい
タミフルには併用が禁忌とされる薬がないので、安心して治療できます。
小さい子どもにも飲ませたい
5歳未満の小児が飲めるインフルエンザ薬であることが、タミフル最大の利点です。
本日注文すると最短で1月28日(日)に届きます。

タミフルは、あんしん通販薬局で購入できます。
ボタンを押すと注文ページに移動します。