授乳中のタミフル使用は危険?インフルエンザにかかった場合

タミフルの通販サイトへ

タミフル

タミフルは、A型、B型のインフルエンザの治療や予防に効果を発揮するお抗インフルエンザ薬です。
予防投与として、常備薬として家に置いておく事ですぐに治療が開始できます。

こんな人にオススメ!
インフルエンザの予防もしたい
タミフルは、1日1回、7~10日間服用することで、インフルエンザの予防ができます。
飲み合わせを気にせずに早く治したい
タミフルには併用が禁忌とされる薬がないので、安心して治療できます。
小さい子どもにも飲ませたい
5歳未満の小児が飲めるインフルエンザ薬であることが、タミフル最大の利点です。
本日注文すると最短で1月28日(日)に届きます。

タミフルは、あんしん通販薬局で購入できます。
ボタンを押すと注文ページに移動します。

授乳中にインフルエンザにかかった場合

授乳中は母乳を作るために体力を消費している為、疲労がかなりたまっている状態です。
疲労がたまると免疫が低下してくるのでインフルエンザにかかりやすく、感染してしまった場合は重症化しやすいでしょう。

インフルエンザウイルス保菌中に授乳はOK?

授乳期間中にインフルエンザにかかると、生活に支障が出たり、授乳が体力的に難しくなるだけではなく赤ちゃんへの感染も心配になります。
まず気になるのは「母乳からウイルスに感染」するか、という事ではないでしょうか?

インフルエンザは主に、飛沫感染や接触感染することで広がります。
母乳をあげている間に呼吸や手に付いたウイルスから感染するリスクは高いといえますが、母乳自体から感染する事はほとんどないようです。

母乳には免疫物質がたくさん含まれています。
赤ちゃんは母親の母乳を介して免疫をもらう事(受動免疫)で風邪やそのほかのウイルスから体を守っています。
母乳を与える事で赤ちゃんがインフルエンザにかかってもウイルスに感染しにくくなります。
もし感染してしまった場合でも軽症ですみます。

もちろん体調をみながらになりますが、インフルエンザに感染したとしても可能なら母乳を与えた方がいいでしょう。

産婦人科?内科?インフルエンザの症状が出たら受診する科

インフルエンザの症状である、高熱・関節痛などが現れた場合早めに病院に行くことが大切です。
赤ちゃんがいるので産婦人科小児科が思いつくかもしれませんが、産婦人科にはたくさんの妊婦さんがいます。
妊婦さんにインフルエンザをうつすと大変なので産婦人科は控えましょう。

インフルエンザかどうかわからないけど体調が悪いという場合は一度かかりつけの産婦人科に電話をして聞くようにしましょう。

インフルエンザの疑いがある場合まずは内科を受診するようにし、通院の際はマスクを必ず着用して公共機関の使用もなるべくさけた方がいいでしょう。

授乳中のタミフル治療

もっとも効果的なインフルエンザの予防方法はワクチンの接種です。
インフルエンザの予防接種に使用されるワクチンは母乳や赤ちゃんに影響を与えないので授乳中の方でも安心して受けられます。

インフルエンザは予防接種を受けていたとしても感染するおそれがあります。
授乳中は免疫・体力共に落ちているのでインフルエンザに感染してしまった場合、通常より重症化しやすく肺炎などの合併症の心配もあります。

授乳中の方の重症化を防ぐために早めの発見と治療が必要になってきますが、タミフルを使用していても授乳はできるのでしょうか?

インフルエンザ薬の母乳移行の危険性

抗インフルエンザ薬には、タミフル・リレンザ・イナビルなどがあります。

タミフルの添付文書をみると、授乳中の患者さんへの使用は控えるようかかれています。
これはタミフルの成分が母乳へ移行する事が確認されているためですが、母乳への移行はごくわずかで赤ちゃんへの影響がほとんどないとされています。
そのため病院によってはインフルエンザの治療を優先し、乳児へ配慮したうえでタミフル服用中の授乳を認めています。
リレンザ・イナビルは吸入薬で、タミフルに比べて体内に吸収される成分が少なく母乳への移行が少ないので授乳中の服用にはむいているようですが、こちらも治験では母乳への移行が認められています。

赤ちゃんへの影響はほとんどないとされていますが、授乳中の抗インフルエンザ薬の使用は医師と相談する必要がありそうです。

授乳中の感染リスクをさげる方法

赤ちゃんには母親の母乳やお世話が必要です。
授乳だけではなく、抱っこやおむつ替えお風呂など感染のリスクはたくさんあります。
授乳は基本的に搾乳してから感染していない家族に行ってもらう事が好ましいですが、以下の場合は感染するリスクが低いので慎重に行えば問題ありません。

比較的感染リスクが低い場合

  • 抗インフルエンザ薬を3日ほど服用している
  • 熱がさがり、症状が軽くなってきている
  • 咳・鼻水の症状が治まっている

発症していても赤ちゃんの身の回りの事はしないといけません。
そういった場合は以下の事に気をつけることで感染のリスクが下げられます。

赤ちゃんのお世話をするときの注意点。

  • 手洗いうがいをこまめにする(とくに赤ちゃんに接する前)
  • 清潔な衣類、ガーゼを使用する。
  • くしゃみ、咳に気をつける。
  • 赤ちゃんの口や手に触れるものの消毒を行う。
  • 授乳時にはマスクを着用する。

授乳期間中にインフルエンザの治療をしている時は、赤ちゃんに近づかない事が感染を防ぐ一番の方法です。
感染していない人が家にいる場合は出来るだけ家族に赤ちゃんの身の回りのこ事をしてもらうようにしましょう。
そうする事で感染のリスクを下げるだけでなく、母親の体を休めて早く回復する事が可能となります。

無理はせず、なるべく家族の助けを借りて治療に専念する事が赤ちゃんの為にもいいと言えるでしょう。

家族内に乳児がいる場合の予防投与

乳児や新生児のタミフル使用は禁止されているわけではありませんが、出来れば使用は控えたいところです。
たとえば乳児がいる3人家族の母親がインフルエンザに感染してしまった場合、父親は乳児のお世話をする必要があります。
お世話の必要に加え、父親が感染してしまった場合乳児への感染リスクも高まってしまいます。

家族内感染を抑える為には、集中して予防ができる予防投与がいいでしょう。

タミフルの通販サイトへ

タミフル

タミフルは、A型、B型のインフルエンザの治療や予防に効果を発揮するお抗インフルエンザ薬です。
予防投与として、常備薬として家に置いておく事ですぐに治療が開始できます。

こんな人にオススメ!
インフルエンザの予防もしたい
タミフルは、1日1回、7~10日間服用することで、インフルエンザの予防ができます。
飲み合わせを気にせずに早く治したい
タミフルには併用が禁忌とされる薬がないので、安心して治療できます。
小さい子どもにも飲ませたい
5歳未満の小児が飲めるインフルエンザ薬であることが、タミフル最大の利点です。
本日注文すると最短で1月28日(日)に届きます。

タミフルは、あんしん通販薬局で購入できます。
ボタンを押すと注文ページに移動します。